ハラスメント系の離婚相談を躊躇してはいけない

いつもの会話が実はハラスメントに該当!?

家庭内にもハラスメントというものが存在します。家庭内ですとパワーハラスメント(パワハラ)やモラルハラスメント(モラハラ)と言われるものです。DV(家庭内暴力)は、比較的、他人に分かりやすいこともありますがパワハラ・モラハラは見た目には変化がなく周囲の人が気づきにくいという側面がありますので注意が必要です。実は危険な面がたくさんあるのです。

パワハラやモラハラの具体的な内容とは?

ハラスメント系の離婚相談を躊躇してはいけない理由

パワハラ、モラハラという言葉を昨今ではよく見聞きするようになりました。具体的にどんなものかわかっていますか?そもそもパワハラとモラハラって同じじゃないの?と思ってしまいがちですが実は違いがあります。

どちらも「いじめる」「嫌がらせする」ということなのですが、パワハラは上下関係など力や能力を持ったものが自分の強い立場を利用して相手を威圧し言葉の暴力でも支配する、というものです。モラハラは力関係にかかわらず精神的にいじめる、嫌がらせするということが続くものです。

家庭内のパワハラ具体例としては主に夫から女性へということになりますが、ちょっと意見をするだけでも大声で怒鳴り罵声を浴びせたり、気に入らないことがあると生活費を渡さないなどしておどかしたり金銭的に支配する、ということがあります。

モラハラはひとことで言うと静かな暴力です。たとえば「何をやらせてもうまくできないね」「この料理美味しくないなぁ」「なにも知らないんだね」など、パワハラのように大声を出すかわりに、静かですが相手を否定する言葉を発したり弱点をあげつらねて嫌味を言う、機嫌の悪いときには相手が話しかけてきても無視したり態度が変わってくる、などがあります。


ハラスメント被害は積み重なってしまいがち

「いつもニコニコして良い旦那様(奥様)ですね」と言われる人は家庭内での態度が違うことがよくありますが、実はこれもモラハラにあたるのです。このように常に精神的な暴力や嫌がらせを受けていると「なぜ私はこんなに出来が悪いのか」と自分を責めるようになっていきます。他人に配慮し、責任感の強い人ほど自身を責めてしまう傾向が強く、「満足してもらえないのは自分が至らないから」と考えることにより、被害者である意識を持つことができないのです。たいしたことではない、と思えるような小さな傷ですが、積み重なった痛みに気がついた時には「どう修復していいかわからない」となり心や体に病気が出てくるといったことが少なくないのです。


自身の傷に気がついたらぜひ専門家に相談を!

あああ

厄介なことにハラスメント行為をしている加害者は自分がそのようなことをしている自覚が乏しいのです。妻(あるいは夫)が傷ついていたり嫌がっていたりしていることに気付かず、思い切って話したとしても、「そんな些細なこと」と相手にされず終わってしまいます。人は自身が嫌な思いをしたり傷ついたりすることには敏感に反応しますが、相手を傷つけることに関しては無関心ですし、気付くこともほとんどありません。つまりハラスメントは継続しやすいということになります。

このため、少しでも被害者であると認識したならば躊躇せずに相談することをおすすめします。身内や友人に相談するのもいいかもしれませんが、「(ハラスメントの)原因はあなたかも?」のようにネガティブな反応が返ってきてしまい、理解してもらえなかったと落胆することになるかもしれません。この場合は専門家に相談することをおすすめします。直面している事実を客観的に判断して被害者の気持ちを理解しようとしてくれるといったメリットがあります。


高橋知子の離婚問題悩み相談ではパワーハラスメントやモラルハラスメントなどハラスメント系の離婚相談案件もございます。相手に伝えたくてもその反動が怖くて何も伝えることができないなど、一人でお悩みの場合はぜひ一度カウンセリングを受けてみませんか?誰かに相談するだけでも心が落ち着くこともありますよ。

パワハラやモラハラが家庭内にあったとしても、全ての人が離婚したいと感じているわけではありません。苦しくて、相談に行っても、初めて会う相談員に少し話しただけで「これはモラハラです。離婚するべきです!」と言われても離婚に踏み切れないと当相談室へお越しになる方がいらっしゃいます。当相談室ではパワハラ・モラハラと決めつけずにお話を伺っております。改善できる点があるかもしれないとアドバイスを行います。離婚は、もう無理と本人が感じたときに必然となります。


離婚あるある!お役立ちコラム
離婚相談 夫婦・家族問題 解決相談 「高橋知子」 悩みカウンセリング電話相談や電話でのお問い合わせは 045-325-9106 受付時間 10:00~ 20:00
面接相談・電話相談 に関するお問いわせ・申し込みは こちら
所在地

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-66-3
アール・ケープラザ横濱Ⅵ201号室
TEL:045-325-9106(代)
FAX:045-325-9107
[運営会社]
株式会社トータルサポートプラス

【予約受付時間】
10:00~20:00
【相談時間】
10:00~20:00 要予約
最長21時まで相談可(但、別料金)

原則的に年中無休となっておりますが(年末年始は除く)出張カウンセリング、弁護士事務所への同行サポート、 セミナー、講演 等で、電話受付が 出来ないことがあります。 ご了承下さい。

桜木町相談室へのアクセスマップはこちら

このページのトップへ