妊娠中における夫の浮気に関する離婚相談

なぜ妊娠中に浮気する夫が多いのか?

妊娠中における夫の浮気に関する離婚相談

子どもを授かることは夫婦にとって、とてもうれしいことです。そんな幸せいっぱいの妻には、ほんの少し心の片隅に心配事があるのです。

それは、妊娠中の夫の浮気。

妊娠することによりおなかの中で赤ちゃんを大きく育てていくのはとても大変なこと。それなのに、どうして浮気する男性が多いのでしょうか。

女性は妊娠していると、自分の体に宿った新しい命のことで頭がいっぱいになります。ともすると夫のことがないがしろになってしまうのも仕方のないこと。しかし、夫は自分が以前のようにかまってもらえないことを不満に思い、それがストレスになりモヤモヤしてしまうようです。

またそれに加えて、女性は妊娠に伴う身体の変化と精神的不安などで今までのような夫婦生活を拒否するようになり、夫は欲求不満に……。そんなタイミングで別の女性と出会ってしまったりすると、その不満を家庭の外で解消したくなり、妻が妊娠中であるにも関わらず浮気に発展してしまうのです。


妻のホルモンバランスの変化に対する理解も必要

妻のホルモンバランスの変化に対する理解も必要

男性には理解しにくいでしょうが、妊娠中の女性はホルモンのバランスが今までとは違って乱れるので精神的に不安定になりがちです。イライラしたり、落ち込んでふさぎ込んでしまったり、夫としてはどうしていいかわからなくなって妊婦に手を焼いてしまうこともあるでしょう。

妻としてはそんな夫にまたイラついてしまう、といったパターンも多く、その結果ケンカが増えることになります。家庭内の雰囲気が悪くなると夫は外に目を向けたくなってしまい、つい浮気してしまうのかもしれません。


また、妊娠初期および妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるので、性欲に関わる男性ホルモンのテストステロンが通常より減少するので、夫婦のスキンシップに対する妻の関心が薄くなってくることは確かです。

夫はこのような妊娠による妻の心身の変化を受け止め、
妻に対して優しく接することが大切です。

お互いに気を配り、和気あいあいと赤ちゃんの誕生を楽しむというような心の余裕を持つことです。

そのように、妊娠・出産の主人公である妻が仕向けていきましょう。

夫へのちょっとした気遣いで離婚を回避

妊娠中はつわりがひどくて辛い思いをしたり、日々変化する自分の身体にとまどいや不安を感じ、なかなか夫のことまで気が回らないと思います。でも、おなかの赤ちゃんのパパは夫です。体調や気分のいい時には夫のことも少し気にかけるようにしましょう。相手のことを思いやることで、妊娠中のあなたの気持ちを理解してくれることでしょう。

また、妊娠5か月から7か月の妊娠中期になると安定期に入り、夫婦生活についても医師から止められていなければ過剰に心配することはないようです。それでもその気になれないのであれば、手をつないで散歩したり、ひざ枕をしたりと、スキンシップを含めたコミュニケーションを心がけるようにしましょう。そうすることにより夫の不満も解消されるはずです。

妊娠中の浮気をふせぐコツとしては、

妻は、

  • 夫をないがしろにしないこと!
  • 夫が妻をないがしろにしないようにすること!

そして男性の欲求不満をいかに解消させることが出来るかがポイントになります。

妊娠期間はいつものような夫婦生活ができないからこそ二人だけのスキンシップを見つけて楽しんではいかがでしょうか?

妊娠中の浮気は妻の心をズタズタにしますので、夫婦でよく話をして妊娠中を楽しく有意義に乗り切らなければなりません。それでも、浮気が発覚したら、直ぐに高橋知子の悩みカウンセリングにご相談ください。


離婚あるある!お役立ちコラム
離婚相談 夫婦・家族問題 解決相談 「高橋知子」 悩みカウンセリング電話相談や電話でのお問い合わせは 045-325-9106 受付時間 10:00~ 20:00
面接相談・電話相談 に関するお問いわせ・申し込みは こちら
所在地

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-66-3
アール・ケープラザ横濱Ⅵ201号室
TEL:045-325-9106(代)
FAX:045-325-9107
[運営会社]
株式会社トータルサポートプラス

【予約受付時間】
10:00~20:00
【相談時間】
10:00~20:00 要予約
最長21時まで相談可(但、別料金)

原則的に年中無休となっておりますが(年末年始は除く)出張カウンセリング、弁護士事務所への同行サポート、 セミナー、講演 等で、電話受付が 出来ないことがあります。 ご了承下さい。

桜木町相談室へのアクセスマップはこちら

このページのトップへ