こんな悩みでも大丈夫?!離婚相談Q&A

ご相談者様からいただく離婚相談内容をご紹介します。

離婚相談に関するお悩み

浮気された場合でも慰謝料が取れないケースもあるのでしょうか?

配偶者が浮気していると思っていても慰謝料が取れるとは言い切れません。
はっきりとした証拠が無く(ラブホテルへ行った写真・相手の住まいに継続的に訪れている写真・腕を組んで歩いている写真・キスをしている写真・メールやラインから不貞関係が解るなど)配偶者が浮気を認めない場合は難しいでしょう。
慰謝料を請求出来る事と慰謝料が取れる事は必ずしも一致しているわけではありません。
証拠は一つではなく、複数ある方が尚良いのです。
例えば、配偶者が異性と旅行へ行ったという事実だけでは、裁判所は不貞行為があったと認めないこともあるからです。

離婚相談に関するお悩み

妻のスマホを黙って見たところ、浮気相手との写真が多数ありました。どうすべきでしょうか?

通常であれば、すぐに「これはなんだ!どういうことなんだ!」と言うのが普通でしょう。
夫婦として向き合って生きていれば、後先を考えず、ぶつかって行ってもいいと思います。
但し、念のため、浮気相手との写真は証拠として確保しておくこと。ただ、はっきりと浮気が分かる写真でない場合は配偶者が認めないこともあり、モヤモヤ感だけが残ってしまいます。
ケースバイケースですが、配偶者に浮気の事実を突き付けるときには、はっきりとした証拠を持ってからの方が良い場合も多々あります。
どうしたらよいか迷ってしまったら、ご相談にお越し下さい。

離婚相談に関するお悩み

離婚カウンセリングを受けたことが配偶者に「バレる」のが心配です・・・

内緒で相談したい! と希望される方も実はたいへん多いのです。内緒でカウンセラーに相談に行ったら家族にバレてしまって余計に困ったことになった!それが、カウンセラー側のミスだとしたら信頼が失われてしまいます。
当相談室ではカウンセラーの対応の不味さで、内緒にしたい方の配偶者に知られてしまうというような事は一切ありません。もし、知られてしまった時は、はっきり言ってご相談者自身の油断とミスが原因です。
カウンセラーが指摘しておいた注意点などを守ってくれず、内緒にしたいとの希望があるのにこの位は大丈夫と甘く考えての油断がある場合です。
当相談室では、ご相談者と徹底した打ち合わせを行いながら、ご相談者の希望に沿った対応に+プラスの注意点などの指摘や提案を行いながら相談カウンセリングを行っております。
特に、ご相談者が困るような連絡手段の取り方や、様々な対応に不備が無いように細心の注意を払っておりますので、どうぞ安心してご相談下さい。

離婚相談に関するお悩み

子供が高校卒業ないしは、成人するまで離婚をしない方が得策でしょうか?

子供が小さければ小さいほど、将来その子に問題の起きる確率は高くなると思われます。
ですから、ご質問のとおり高校卒業ないし、成人するまで離婚は避けた方がよいでしょう。
しかし、離婚しないからといって安心というわけでもありません。家庭の状況によってはすぐに離婚して生活を立て直した方が良い場合もありますから、その辺のところをご相談者の状況をよくお聞きして、どのようにしていけばよいかしっかりとサポートしております。

離婚相談に関するお悩み

友人が離婚問題で悩んでいますが、代理人として間接的に相談を受けることは可能でしょうか?

もちろん大丈夫ですが、やはり問題を抱えて悩んでいる方が直接、相談に来られた方が話の内容も直ぐに理解できますので、そういう場合はできれば付き添ってあげて当事者であるご友人を連れて来て下さることをお薦めします。相談に来て良かったと思われると思いますし、そう思ってもらえるように頑張っております!

離婚相談に関するお悩み

国際離婚を考えていますが、そうした相談も可能でしょうか?

国際離婚をどのように進めていけばよいか等の相談は専門の弁護士が適任です。
離婚という難題にぶつかって苦しいなど、気持ちの問題や心の整理、離婚後の生活を立て直す気持ちの持ち方などについての相談カウンセリングはお受けしております。

離婚相談に関するお悩み

離婚カウンセリングを受ければ、問題は解決するのでしょうか?

これは難しい質問ですが、1回のカウンセリングでも相談されたほとんどの方が相談したこと・カウンセリングを受けたことに満足し解決に向かって動き始めていると思います。また、1回のカウンセリングでは解決に向かえない問題を抱えてしまった方のほとんどは長期サポートカウンセリングをお受けになったことにより問題は解決に向かいました。
但し、夫婦関係を修復したいと相談されて、長期サポートカウンセリングを受けているうちに、やっぱり別れた方が良いと判断されて離婚された方もいらっしゃいます。
相談カウンセリングは問題解決を保証するものでは無く、ご相談者の心の安定を計りながら最善の選択や決断が出来るようにサポートするものです。
病気になってもお医者さんの言う事も聞かず、ただ治してくれと言っても病気は治りません。
それと同じように、相談されているご自身の問題を解決したい、解決しようという意識の高さも必要です。どちらか一方だけが努力しても問題の解決には至りません。
カウンセラーは、問題解決のお手伝いをすることが務めです。
また、問題が解決した後の生活や人生も大変重要な事だと考えておりますので、相談された問題を解決したらそれで終わりではありません。その後の事も考えながらカウンセリングを行うのもカウンセラーにとって大切な務めですから、ご相談者の将来の幸せも考えながらのカウンセリングを行っております。
離婚相談でも、夫婦の関係修復相談でも、相談に来て下さった方に納得して頂けるよう、おひとりお一人に全力を尽くしてカウンセリングに取り組む! これしかお約束できません。
これからもずっと誠意をもって真面目にカウンセリングに取り組む相談室を運営して行こうと努めています。

離婚相談に関するお悩み

離婚原因を作った有責配偶者でも親身に相談に乗ってもらえるのでしょうか?

もちろん大丈夫です。
Q&A 1 にも書きましたが、カウンセラー自身の主義・主張を押し付けたりは致しません。
有責配偶者だとしても、夫婦関係に希望はありますし悩みや後悔の強い苦しみを抱えている場合もあります。そのような気持ちを深く理解して相談カウンセリングを受けております。当相談室では、どのような立場の方でも心地良く安心して相談して頂けるように心掛けております。

離婚相談に関するお悩み

離婚相談に伺うにあたって、何か準備するものはありますか?

特に前もって準備するものはございません。
その時のお気持ちやお考えを、そのまま話して下さい。
相談内容をよくよくお聞きして、ご相談者が今後どのようにしたら良いかをアドバイスしておりますし、ご希望であれば相談内容の問題が解決するまでサポートすることもできます。

離婚相談に関するお悩み

相談内容が相当生々しく、話すのがとても恥ずかしいのですが・・・

両親や親類、友人にでも相談できない苦しい状況に置かれている方の相談にのってカウンセリングを行い、心が落ち着くように、気持ちが軽くなるようにするのがカウンセラーの役目です。
信頼できるカウンセラーには自然と何でも話せるようになりますので、相談に来られた方から信頼を得られるように「常に気遣い心遣いを忘れない」をモットーにしている夫婦問題カウンセラー高橋 知子にご相談下さい。

離婚相談に関するお悩み

近くに離婚相談ができるカウンセラーがいないので困っています。

とてもお気の毒なことですが、地方の方で、そのように悩まれている方がとても多いのが現状です。当相談室では、日本国内だけでなく海外在住の方々からの相談もお受けしております。
国内では、北海道から九州からでも直接、面接相談に来られる方もおられます。
その後は、ご相談者のご事情や状況に合わせてサポートカウンセリングを行っております。
安心して、ご相談下さい。

離婚相談に関するお悩み

弁護士や行政書士などの離婚相談とカウンセラーさんの離婚相談の違いは?

弁護士は、法律の専門家です。主に離婚の意思がはっきりしている方に対し、離婚の手続きや条件の適否等の法律相談を受けてくれます。示談交渉や離婚調停・離婚訴訟など離婚時の条件等を決めるなどの話し合いの代理人です。一方、行政書士は、夫婦間のトラブルや離婚の揉め事が自分たちの話し合いで収まり、その条件や内容を書面にして公正証書など正式な文書にする時にその作業を代行してくれる人とお考え下さい。但し、弁護士も行政書士も、あくまでも依頼する人の「こうしたい」という条件に沿って動いてくれる職業の人たちですから、心の安定や、気持ちの問題など繊細な相談に対して適切なアドバイスは得られないことが多いと思います。

夫婦問題・離婚相談カウンセラーは、相談者ご自身がどうして良いか迷っている方、夫婦間のトラブルを心理的に解決したい方、夫婦間のトラブルがいつまでも収まらず悩んでいる方などのお話をよく聞いて「どのようにしたら良くなるのか」をアドバイスや提案を行いながら、ご相談者が安心して暮らして行けるようにサポートする人と考えて下さい。離婚問題を含めた夫婦関係全般について相談することが出来ます。
その他にも当相談室では、必要に応じて弁護士、司法・行政書士、調査会社の紹介もしておりますし、弁護士事務所へ同行して、経緯や状況を上手く説明できないご相談者への助言や弁護士への経緯説明のサポートなども行います。どうして良いか分からずに悩んでいる方は、まず当相談室の夫婦問題専門カウンセラーへご相談下さい。
※紹介はあくまでもカウンセリングの一環で行っているものです。弁護士等の無料紹介は、長期サポートコース契約をされている方のみとさせて頂いております。


離婚相談に関するお悩み

役所や家庭裁判所などの無料離婚相談と何が違うの?

まず、どこの無料相談でも時間的に短時間であることがあげられます。20分~30分程度の時間で行われます。人生の大事な悩みを相談するにはあまりにも時間が短く満足を得られないこともあるのではと思われます。家庭裁判所の家事相談は離婚に関する調停や訴訟の手続きに関する説明が主な相談内容になっています。当相談室の相談カウンセリングは有料になりますが、時間をかけてじっくりとお話しを伺い、何が原因で困っているのか、今後どのようにしたいのかなどに対して、夫婦関係であるパートナーの気持ちの分析も行い、アドバイスや提案をしております。

離婚相談に関するお悩み

離婚相談に行きたいけど、異性のカウンセラーでも気持ちを理解してもらえるの?(男性相談者から)

カウンセラー自身の考え方や、男女の性別による考え方(良し悪しを決めつけるなど)の偏りを押し付けるようなカウンセリングは一番善くないことですし、絶対にあってはならないことです。ここはカウンセラーによって大きく差の出るところですし、相談される方がいちばん心配される事柄ですね!
でもご安心下さい。夫婦問題カウンセラー高橋知子は女性の心理・男性の心理の理解についても自信を持っておりますし、男女の性別に左右されること無く、夫や妻に偏った判断をすることなどはまったく有りません。男性のご相談者からも厚い信頼を頂いており、誰からも安心して相談できる信頼関係を築く「相談カウンセリング」が当相談室の特徴のひとつです。


離婚相談 夫婦・家族問題 解決相談 「高橋知子」 悩みカウンセリング電話相談や電話でのお問い合わせは 045-325-9106 受付時間 10:00~ 20:00
面接相談・電話相談 に関するお問いわせ・申し込みは こちら
所在地

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-66-3
アール・ケープラザ横濱Ⅵ201号室
TEL:045-325-9106(代)
FAX:045-325-9107
[運営会社]
株式会社トータルサポートプラス

【予約受付時間】
10:00~20:00
【相談時間】
10:00~20:00 要予約
最長22時まで相談可(但、別料金)

原則的に年中無休となっておりますが(年末年始は除く)出張カウンセリング、弁護士事務所への同行サポート、 セミナー、講演 等で、電話受付が 出来ないことがあります。 ご了承下さい。

桜木町相談室へのアクセスマップはこちら

このページのトップへ