離婚相談-離婚準備

離婚について知ることから準備を始めましょう。

離婚準備

あなたが離婚について考え始めたのは、いつ頃からですか?
日常生活の中で嫌なことがあっても、些細なことで喧嘩してしまっても「 離婚 」という言葉には、なかなか結びつかなかったと思います。

それが、ある日、「 離婚したい 」と思っている自分に気がつき震えてしまうほどでしょう。恋人たちの別れと違って、家庭を壊すことは、子供たちの人生にも直接的に関わることであり、親にも影響を与えることでもあるからです。
また、今まで築いてきた財産を失うことになるかもしれないですし、経済的な苦労を背負って生きて行くことになるかもしれないのです。

それでも、ただ一度の自分の人生を考える時「 このままじゃイヤだ!」という心の叫びを無視することは出来ません。

ただ、人間は、ひとつの考えにとらわれると、その考えから抜け出せなくなってしまうこともあります。あなたの人生の選択をひとりで決定するのは危険が伴います。感情だけで離婚を決めてしまっては後悔する可能性もあります。離婚後の生活がそれ以前より苦しいものになる可能性もあるのです。客観的な分析を充分した上で決断しましょう。

離婚に直面したら、まず相談することで次の道が開かれます。

離婚相談1

家事が嫌いで掃除や片付けをしない妻がイヤになり、他の女性と交際し身体の関係を持ってしまいました。
そのことが妻に解かってしまいましたが、妻と別れて、交際している女性と結婚を考えています。
しかし、妻は離婚に応じてくれません。どのようにしたらよいか毎日が苦しいです。

奥様が掃除や片付けをしないからと言って、他の女性との交際が許されるわけではありません。特にこのような状況の時には、奥様があなたに愛想が尽きて別れてくれると思いがちですがそんなに簡単なことではありません。

あなたの浮気を知って苦しい思いをして、その上、別れたいと言われたら、私だけこんなに苦しい思いをして、あなただけ楽しい思いをするなんて許せない、別れてあなたは幸せになり、私は人生が狂ってしまう、そんなことがあっていいものだろうか・・・などと考えてしまい別れないと言う場合もとても多いのです。

このようなご主人様を有責配偶者と呼び、法律的にも奥様からの離婚申し立てがなければ、簡単に離婚が出来ません。それでも、家庭裁判所の考え方の傾向として、有責主義から破綻主義への変化も見られますので、以前は有責配偶者からの離婚の申し出は出来なかったのですが、5~8年位の別居期間があれば申し出を受け付けてもらえることもあるようです。夫婦関係の破綻を重要視する傾向になって来ていますので、これらのことを頭に入れた上で、対策を立てて行きましょう。


離婚相談2

旦那が浮気をしていて、私を愛してくれません。
本当は別れたくないけれど、私への愛情がないのなら、取れるものを取って離婚しようと思うのですが。

慰謝料を請求するのでしたら、まずは、夫の浮気の証拠をしっかりと取ることが大事です。物的証拠が無いのに騒いでも仕方ありませんし、かえって証拠を取られないよう用心してしまうでしょう。調査会社を使うとしても、むやみやたらに調べても費用ばかりが掛かってしまいます。よくよく、夫の行動をチェックした上で依頼した方が良いですね。最終的には、弁護士や裁判所に依頼することになるかもしれませんが、協議で別れた方が金額的に良い結果が得られたケースもあります。


離婚相談3

調停を申し立てようと思いますが、どのような点に気をつけたらよいか不安です。

調停は調停委員を通した話し合いの場ですから、あなたの気持ちが調停委員に伝わらなければ上手く解決が出来ません。熱意と表現力が必要です。調停に行くだけで解決するなどと軽く考えず、その前に自分の言いたいことを書いて整理したり準備をしましょう。調停委員の方が理解しやすいよう文書を提出することも大事です。


離婚相談4

離婚したいと申し出ましたが、受けてもらえず、どのようにしたらよいか分かりません。
一緒の空間にいるのも辛く、息のつまるような暗い毎日です。

まず、離婚したい理由や決意を相手に認めてもらえるようにしなければなりません。話し合いで認めてもらえなければ、別居に踏み切ることも有効でしょう。一般的には、その上で、調停を申し立て、調停を通して話し合いをしていきます。

離婚の同意の他に親権問題、養育費、財産分与、慰謝料などがある場合には、調停では結論がでないことも多く、その際には、裁判の申し立てをします。

裁判では、理由が明確でないと離婚することが出来ません。ただ嫌いになっただけでは駄目です。離婚を申し立てるに至った原因をきちんと分析し、表現し、裁判官が一定の事由に該当すると認めれば、離婚が成立します。

親権問題がある場合は、子供の幸せをどう捉えるのか、今後の経済的な見通し、育児環境についても意見が述べられるようにしないとなりません。また、慰謝料を要求する場合には、何によって精神的苦痛を受けたかを証明する必要があります。一緒の空気を吸いたくないと感じ始めたら、具体的な行動を起こす時期が来たのかもしれません。どの様に行動をすれば良いか、行動を起こすタイミングなども、とても重要になります!!


離婚相談5

夫婦間がどうしても上手くいかず、別居に踏み切りましたが、なかなか話しが進みません。

離婚したい場合に、別居は心理的にみても有効な手段です。別居は離婚の第一歩ですし、離婚した形のシミュレーションです。あと一息なのですから、定期的に話し合いを求めて、話し合いに応じてもらうようにしなければなりません。ただ、相手にとっても人生の一大事なのですから、多少の時間がかかるのは仕方ないかもしれません。
どうしても駄目なら、やはり調停の申立を起こすことになります。


離婚をすると決断しても問題は山のようにあります!一番大きな問題は、相手方の同意です!

離婚の悩み

自分の心が決まっても、相手方はまったく自分とは別の方向を向いているかもしれません。相手方には生活力があるのでしょうか?生活力が無ければ、よほど、財産があるとか、親に頼れるとかが無ければ、なかなか離婚に応じてもらえません。

また、相手の結婚観も大きく作用してきます。 あなたの意思をどの様に表現したら、相手方に伝わるか、よくよく考えて行かなければ成立はしないのです。また、DVやモラハラなどの場合には、相手方にとってあなたは必要な人ですから、なおさら難しいのです!

子供の問題、お金の問題に取り組みましょう!

子供の親権について揉めるご夫婦もいらっしゃいます。 親権や面会交流について合意が得られない場合もあります。 離婚を言い出す前から準備しておきましょう。お金の問題も同じです。 準備を充分してから、相手方に伝える方が上手く解決するはずです。

離婚は、そう簡単ではありません!

後悔したくない!夫あるいは妻に離婚を承諾させたい!子供の親権やお金の問題を解決したい!など悩みは尽きないと思います。離婚問題は、是非「高橋知子」横浜相談室にお任せ下さい。あなたの希望に添って、解決に導くお手伝いをさせていただきます。


離婚相談 離婚問題 夫婦の関係修復、家族問題解決は
是非 高橋知子横浜相談室にお越しになり、悩み解決カウンセリングをお受け下さい !! いつでも貴方に、心から、誠意をもって対応致しております。
また、貴方の覚悟が決められない程、困難で難しい離婚問題でも、
当相談室では、簡単に諦める様なことは致しません !!
ご相談者の、お一人、お一人の願いが叶い、安心して頂けるまで一生懸命、頑張っておりますので、どうぞお気軽に、ご相談にいらして下さい。



高橋カウンセラー予約空き状況のご案内 一日4枠まで、ご相談を受けております。

離婚相談 夫婦・家族問題 解決相談 「高橋知子」 悩みカウンセリング電話相談や電話でのお問い合わせは 045-325-9106 受付時間 10:00~ 20:00
面接相談・電話相談 に関するお問いわせ・申し込みは こちら

所在地

【高橋知子の横浜離婚相談室】
株式会社トータルサポートプラス
〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-66-3
アール・ケープラザ横濱Ⅵ201号室
TEL:045-325-9106(代)

桜木町相談室外観

【アクセス】
・JR横浜駅から電車で約2分
・JR桜木町駅から徒歩3分
【予約受付時間】
10:00~20:00
年末年始を除き年中無休

【相談時間】
10:00~20:00 要予約
最長21時まで相談可(但、別料金)

・出張カウンセリング、セミナー等により電話受付ができない場合がございます。

桜木町相談室へのアクセス

このページのトップへ