離婚用語辞典(ア行~カ行)

ア~カ行 サ~タ行 ナ~ハ行 マ~ヤ行 ラ~ワ行

ア~カ行

悪意の遺棄

民法752条「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」とあります。
夫婦には同居・協力・扶助の義務があるのです。遺棄とは、義務に違反し、ほうっておくことです。夫婦の生活が維持出来なくなることを知った上で、またそれでかまわないという意思を持って(悪意を持って)ほうっておくことです。

慰謝料

離婚に伴う慰謝料とは、離婚によって被る精神的苦痛を慰謝する金銭的賠償ですから、慰謝料請求が認められるためには、相手方に不貞行為、暴力行為、虐待行為などの有責行為がなければなりません。単なる性格の不一致で離婚する場合には、慰謝料請求権は発生しません。

解決金

和解金とも呼ばれます。離婚の原因を作った有責配偶者が相手側に支払う慰謝料プラス財産分与等の総称。慰謝料と言わない方がスムーズである場合にも使われることがあります。

家庭裁判所調査官

家庭裁判所に所属して裁判を補助します。離婚問題等では子供の親権問題で子供の状況などを調査します。

協議離婚

協議離婚は、夫婦で離婚の意思の合意があり、役所に離婚届けが受理されることによって成立となります。協議離婚は、親権・養育費・財産分与などについて、自由に夫婦間で取り決めることが可能になります。 夫婦間の取り決めは、離婚協議書を作成したり、必要があれば公正証書にするなどして、後々のトラブルが起こらないように注意しましょう。また、どういう権利を相手に請求できるかなど、法律に明るくない方の場合、夫婦のいずれかに有利に働く合意となる可能性も否定できません。

公正証書

公証人が法律に従って作成した証書のことです。公証役場にて作成をしてもらいます。契約などの不履行の際には、これに基づいて強制執行を申し立てられますので、養育費や慰謝料の分割払いがあり、協議で離婚する場合には作成しておくとよいでしょう。

婚姻費用

夫婦生活を維持して行く為の費用のことです。衣食住の費用・子供にかかる費用・医療費・交際費などを指します。離婚問題では、離婚が成立するまでの夫婦にかかる生活費のことで、離婚や別居に合意していても、正式に離婚が成立するまでは婚姻費用を分担していく義務があります。離婚調停時に婚姻費用分担請求の調停申し立てをして請求することも出来ます。

離婚相談 夫婦・家族問題 解決相談 「高橋知子」 悩みカウンセリング電話相談や電話でのお問い合わせは 045-325-9106 受付時間 10:00~ 20:00
面接相談・電話相談 に関するお問いわせ・申し込みは こちら
所在地

〒231-0063
神奈川県横浜市中区花咲町2-66-3
アール・ケープラザ横濱Ⅵ201号室
TEL:045-325-9106(代)
FAX:045-325-9107
[運営会社]
株式会社トータルサポートプラス

【予約受付時間】
10:00~20:00
【相談時間】
10:00~20:00 要予約
最長22時まで相談可(但、別料金)

原則的に年中無休となっておりますが(年末年始は除く)出張カウンセリング、弁護士事務所への同行サポート、 セミナー、講演 等で、電話受付が 出来ないことがあります。 ご了承下さい。

桜木町相談室へのアクセスマップはこちら

このページのトップへ